Rock Steady Boxing WTS Japan

 ロックステディ ボクシング(RSB)とは、2006年にアメリカインディアナポリスで設立された、パーキンソン病(PD)の方々の為のボクシングセラピープログラムです。創設者スコット・ニューマン氏は40歳のときにパーキンソン病と診断されました。そこで、身体を動かすためにもと始めたボクシングがきっかけとなったボクシングセラピープログラムです。現在はアメリカでは800ヶ所を超えるジムで実施されています。

Our Story

ロックステディボクシングは、40歳で若年性のパーキンソン病と診断されたアメリカ人のスコット・ニューマン氏によって設立されました。 診断後、ショックで落ち込む彼を見かねた友人のアドバイスで初めたボクシング、その効果に驚いたスコット氏は自分以外のパーキンソン病患者にも効果があることを信じてNPO法人Rock Steady Boxingを設立しました。

Rock Steady BoxingのRockは「岩」、Steadyは「安定している」様子を意味しています。 ボクシングを始めて3ヶ月ほど経過したスコット氏が、意識すると手の震えがおさまるようになったことを 「I am ROCK STEADY(震えてない)!」と感動して述べたというエピソードからきています。


Our Mission

 

パーキンソン病と戦っている人たちへ勇気・仲間・希望を感じる場所の提供


さらに詳しく知りたい方へ

クラス情報や体験会などの情報をご覧いただけます。

ロックステディのホームページをご覧下さい。