代表の想い

自身も海外生活が長かった為、日本を離れていても遠くの親を想う気持ちは分かります。ただ、日本には素晴らしい介護保険というシステムがあっても、実際分かりずらいのも事実。そこで、どなたにでも分かりやすく情報を提供できればとの思い出立ち上げました。

坂井 美穂

WITH THE SMILE (WTS)代表 

 

高校を卒業後18年間のアメリカ生活の中で、大学・大学院を経てアメリカ理学療法博士号を取得。アメリカ国家資格を取得後、カリフォルニア州サンノゼとロサンゼルスにて就職。急性期病棟、外来整形外科、訪問リハビリ、SNF(Skilled Nursing Facility)やパーソナルトレーナー経験後、平成25年日本へ帰国。帰国後すぐに日本の在宅ケア事情を勉強するために、訪問リハで就職。働きながら並行して、リハビリ型のデイサービスを立ち上げる準備を行う。平成25年10月1日 リハビリ特化型デイサービス takk(タック)を設立。スムーズな介護の為には、介護を受ける側とケアする家族のコミュニケーションが大切と実感。あみぽを自身の想いに重ねて立ち上げる。


津野 明美

認知症ケア専門士、介護福祉士、社会福祉主事

 

介護保険制定後から現在まで、日本の介護現場に携わっている。過去にはニチイ学館にて介護福祉士講座等を担当し5年間の講師経験をもつ。現在の母親の認知症がきっかけで、認知症予防をライフワークとしている。過去には旅行会社での海外勤務、真珠会社での輸出担当マネージャーの経験をもつ。

現在はリハビリ型デイサービスtakkで生活相談員として、日々介護の現状と向き合っている。


与六

オレゴン州生まれの柴犬オス。 小さい頃からトレーニングを受け、セラピー犬としてアメリカでも癒しを提供。日本では、リハビリ特化型デイサービスtakk(タック)にて常勤セラピー犬として活躍中。

ご利用者のみなさまに、日々癒しを提供しています。